2007年10月03日

HAREM SCAREM & SILENT FORCE Live@Shibuya Club Quattro(9/27)

MELODIC POWER METAL NIGHT vol.10に行って参りました。SILENT FORCEとHAREM SCAREM‥なんていう組み合わせだ‥と思いつつも、これで見納めになる可能性が高いHAREM SCAREMを観るために渋谷クアトロへ。意外なほどフロアが埋まってたのにはびっくり。

SILENT FORCE
観る前まではSILENT FORCEって何者?って感じだったんですが、元ROYAL HUNTのVo、D.C Cooperのバンドだったのね。昔に比べてちょっと太った感は否めませんでしたが、重厚メロディックメタルサウンドに乗せたハイトーンヴォイスは相変わらず。彼らの曲は一曲も知りませんが、D.Cのパフォーマンスは勿論、バンドの技量、一体感も凄かった。

SILENT FORCEが終わる頃には会場がすし詰め状態に。

HAREM SCAREM
意外な選曲「Dagger」でスタート。この時から先ほどのSILENT FORCEの時とはオーディエンスの反応が明らかに違い、拳を突き上げ大大大合唱!!やっぱり最後のHAREM SCAREMを観に来た人が多かったんだなと実感。新作から「Human Nature」「Caught Up In Your World」と続き、中盤あたりからは何と「With A Little Love」やら「Honestly」やら「If There Was A Time」やら「Change Comes Around」やら「Hard To Love」やら‥昔からのファン涙目&大大大合唱&大盛り上がり。まさかライブでこの曲達が聴けるとは思わなかった‥!ええ確かに「If There Was A Time」で一番の盛り上がり部分が無かったなどいろいろありますが、単純にこの曲達が生で聴けたという事が何より嬉しかったです。
終盤、「Higher」、「Voice Of Reason」となって一旦終了。アンコール1で「No Justice」をやってくれた時には更に感動でしたが、同時にもう観れないかもという寂しさが押し寄せてきた。その想いは他のオーディエンスも一緒だったらしく、アンコール2「Karma Cleansing」が終了して、場内の電気が点いても鳴り止まないアンコールの拍手がそれを物語っていた。

考えてみれば、HAREM SCAREMが僕に与えた音楽的影響はとてつもなくデカい。1st「Harem Scarem」2nd「Mood Swings」でメロディアスハードにハマるキッカケを作り、HAREM SCAREM→RUBBERに改名したあたりで、彼らに影響を与えたというSR-71をはじめとするパワーポップ、オルタナ、モダンロック‥に僕の音楽的趣向が傾倒していったことは言うまでもない。
そんな彼らが、あと一枚アルバムを出して、それぞれ別の道を歩むという‥。何年か先でも良い。また生で聴ける日が来る事を祈っております。  

Posted by tkyk5 at 14:03Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月10日

COPELAND & ANBERLIN Live@Shibuya O-EAST(5/29)

COPELANDがANBERLINとジャパンツアーを行うという事で迷わず観に行ってきた。

ANBERLIN
のっけの「Whisper & A Clamor」から全然声出てないんで、観ているこっちヒヤヒヤもんのスタートでしたが、調子の出てきた3曲目あたりからは、演奏もヴォーカルもパワフルだし安定感があってなかなか良い。
セットリストは各アルバムから偏り無く選曲された内容になっていて、「Readyfuels」「Paperthin Hymn」「Adelaide」あたり、こうやって改めて生で見てみると、彼らの楽曲の良さというのを再認識させられた。
中盤もほとんどペースを落とさずに、怒涛の展開をしたライブのラストは、最新アルバムのオープニングチューン「GODSPEED」!!お約束の「ハイ!!ハイ!!」の掛け声も聴けて大盛り上がりで終了。少し短目ではあったけど、強烈なインパクトを残すライブパフォーマンスだった。

COPELAND
それほど満員じゃなかったのでステージ中央観れる位置に移動。
最新作からの「Careful Now」という意外な曲からスタート。ライブ前半は過去のアルバムから「Pin Your Wings」「When Paula Sparks」「California」といった楽曲が多かったですが、中盤以降「When You Thought You'd Never Stand Out」「Control Freak」「I'm a Sucker For A Kind Word」といった最新作の楽曲も披露。最新作は地味でイマイチ好きになれなかったのですが、改めて聴いてみたらやっぱり良い曲だと再認識(またか)
バンドの性質上、ANBERLIN程の怒涛の盛り上がりは無かったですが、実に安定していて、聴き応えのあるライブだった。

ANBERLINには、是非もう一度日本に来て欲しいなぁ。その為には少しでも布教活動をしなくては。  
Posted by tkyk5 at 20:25Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月03日

Shuubi & 積紫乃 Live@Duo Music Exchange(5/25)

Shuubiさんと積紫乃(ex LITA)さんを観に久々ライブに行ってきた。はじめて行ったDuo Music Exchangeは、座りながらお食事つつきつつライブも観れるというようなスタイルになっていて、知らない人ばっかりやし、どこの席についていいことやら‥最初はかなり戸惑った(笑)が、2階席もあったので結局そっちの席で。

積紫乃
物悲しいメロディと轟音が響き渡るライブパフォーマンスは圧巻の一言に尽きる。低音から高音まで一気に突き抜ける安定感のある積紫乃のヴォーカルはパワフルで実に素晴らしい!
『飛べない鳥』等、LITA時代の曲の他に『MOTHER』(新曲?)等を披露。曲数は少なかったですが、Shuubiファンにも積紫乃の実力を示す事ができたであろう充実の内容だった。次回のライブも既に決まっていて、本格的に音楽活動再開か?今後の活動にも期待期待。

途中、Shuubiと積紫乃による、歌ありトークありのブレイクがあって。

Shuubi
チャゲアスのサポートキーボーディスト澤近さんを従えた、キーボードとヴォーカルのみのシンプルな構成でスタート。「NIJI」「君が好き」「僕らの星」等では、Shuubiの歌声がより際立っていて素晴らしかった。しかし、椅子に座って観る形式だったんで、思わず途中から半分寝ながら鑑賞‥。Shuubiの歌声も心地よくて眠くて‥酒も入ってるし‥。寝てたせいで見逃した部分も多かったですが‥椅子に座って観るライブも良いもんだとあらためて感じた。

Shuubiさんと積紫乃さん、まさかこんな組み合わせで見られるとは夢にも思わなかった。積紫乃さんはLITA解散後初のバンド従えてのライブということで、それを観れたのは非常に幸運だった。  
Posted by tkyk5 at 23:22Comments(2)TrackBack(0)

2005年10月23日

SHUUBI Live@Shibuya Club Quattro(10/22)

1999年にデビューして6年、Shuubiのツアーがついに実現!!という事で迷わず参戦してきた。チケットはソールドアウト!!という事でどれだけ人数が入るのか?会場はいっぱいいっぱいではないか?などと思って行ったものの、お客さんの入りは約半分ぐらい‥枚数制限してたのかしら‥と、少々ガッカリしながらのスタートとなった。(これだったらもっと枚数出しても良かったよ!)

ステージ横にあるスクリーンにツアー用オープニングVを流してからのスタート!新作から「NIJI」「君が好き」といったお約束?のナンバーから始まり、旧作からも「紫陽花」「アラタモノ」等を披露。少々緊張気味のようだったけど、力強いヴォーカルを聴かせてくれた。途中ところどころにオチのつかないMCを織り交ぜつつ^^後半は新曲も披露!「うららかな」「雲よ月を覆ってしまえ」「ブレス」「僕らの星」といった代表曲も聴けて、ラストのMC後、「ハジマリノウタ」で幕を閉じるあたり、これからがShuubiの本当の始まり!というような宣言にも感じられた。

全体を通すとShuubiの人柄よ良さが会場中に広がったアットホームなライブだった。演奏のまとまりも良く、オーディエンスの反応も良くって是非ともまた観たい!と思わせる充実の内容だった!

途中、思わず3回ほど込み上げてきてやばかったですが‥^^;  
Posted by tkyk5 at 19:42Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月18日

COPELAND Live@Shibuya Club Quattro(7/11)

仕事の合間を縫って無理矢理COPELANDのライブに参戦!会場に到着すると熱気が溢れるほどの超満員!都合上、前座のBRANDTSON、KAMOMEKAMOMEの演奏は涙を飲んで諦め、OCEANLANEから観ることになった。

OCEANLANE
彼らのライブは、先日のJIMMY EAT WORLDの公演以来となる今年2回目の参戦。新曲を織り交ぜた構成で新たな一面を見る事ができた。R&R的なハデなチョーキングを多用した独特な雰囲気のある新曲や、お約束の「Everlasting Scene」、「Sign」といった彼らの代表曲までをしっかり演奏。正直、先日の公演よりも演奏面も安定してきたし着実な成長をうかがわせる内容であった。
数曲やった新曲も、1stの爽やかな路線とはうって変わって、激しくロックしてる曲もあり、11月に発売されると言う2ndアルバムが早くも楽しみだ。

COPELAND
最新作「In Motion」が素晴らしすぎた彼ら。1度は来日中止となってしまったが、ここに無事登場!!予想以上に力強く安定した演奏を披露してくれた。「Pin Your Wings」「No More Really Wins」「Don't Slow Down」「Love Is a Fast Song」「Testing The Strong Ones」といった曲が生で聴けたのは嬉しいかぎり。
正直言うと1stってそれ程ハマってなくて、2ndハマってからリバイバル的にハマってたんですが、1stの曲はライブで聴くと一段とその良さが引き立っていましたね。

BRANDTSON、KAMOMEKAMOMEも観たかったけど3800円でこの2バンドが観れたというだけでお得感山盛りなライブであった。  
Posted by tkyk5 at 00:38Comments(2)TrackBack(0)

2005年05月03日

Bryan Adams Live@Nippon Budoukan

ここ数日、仕事があまりにも忙しすぎて更新サボり気味でしたが、先日のBryan Adamsの武道館公演はちゃっかり行ってまいりました!ま、公演終了後、一緒に行った友人と一杯引っかけてからスタジオに帰ってまた仕事してたんですけどね‥。
しっかし、座席があるライブに行ったの何年ぶりかなぁ。年齢層もいつも行ってるようなアーティストよりも高めで安心感がありましたね。人飛んでこないし(^^;
席は最後方(こんな後ろで観たの初めて;)だったんですが、さすがはBryan。隅々まで観客を楽しませる術を心得ているようです。大いに大いに盛り上がりました!!新作からの曲もライブで聴くと意外に良い曲(だと判明)だし、「Summer Of '69」も完全なアコギバージョンかと思いきやしっかり盛り上がってくれたし、岐阜のじゅんこちゃんもグッドジョブやったし、もう言うこと無しのすばらしいライブだった。

新作は何年先のことやら分かりませんが、次のライブも必ず行くと心の中で誓ったのであった。

さて、ウダウダ語ったところで、酒かっくらいながらもう一仕事しますか。  
Posted by tkyk5 at 00:47Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月05日

JIMMY EAT WORLD Live@Shibuya O-East

仕事をちょいと早く切り上げてJIMMY EAT WORLDの来日公演を観に行きました!オープニングアクトに、フジロック出演も決定し今や日本を代表するエモバンドと言って良いOCEANLANEという事で楽しみな公演だったんですが、会場に向かう途中の銀座線で爆睡するほど眠い眠い(笑)眠い目を擦りながらの観戦となった‥。

OCEANLANE
アルバムと同じく「Everlasting Scene」からのスタートという事で大いに盛り上がった!ドスドス!と重くバスドラが響き渡り、予想に反してかなり力強いサウンド!正直、演奏の安定性はイマイチのような気がしたが、それを度外視するぐらい楽曲の良さが際立っていた。「Ships And Star」「Million」「Terminal」「Sign」といった代表曲を生で聴けたのは良かったな。

JIMMY EAT WORLD
会場が暗くなりSEとともにJim Adkinsの半アカペラの歌声が会場に響き渡り公演スタート!Jimの伸びやかなヴォーカルと分厚く安定した隙の無いサウンドで、1曲目でOAのOCEANLANEとの実力の差歴然!その上、聴きたい曲の目白押し!昨年出た「Futures」から代表的な曲はほとんど演奏され、「Bleed American」「A Praise Chorus」「The Middle」といったお約束曲も勿論演奏!そして、オーラスの「Sweetness」はヤバイ、ヤバすぎる‥。この曲を待ちわびていたかのように、狂喜乱舞し空中を飛び、頭上を転げまわるオーディエンス達。物が飛び交い、大大大合唱!この光景は感動的ですらあった‥!

終る頃には完全に眠気も忘れ大興奮の中に(笑)久々に、バンドとオーディエンスが一体になって初めて完璧なライブになるのだという事を思い知らされる夜だった。(何年ぶりだー)  
Posted by tkyk5 at 22:46Comments(2)TrackBack(0)

2005年03月25日

FURTHER SEEMS FOREVER Live@Shibuya Club Asia

元SENSE FIELDのJon Bunchが加入して大進化した大大大好きなFURTHER SEEMS FOREVERのライブを観てきました。つっても、ジャパニーズバンド、4バンドとの競演だったんで開演より2時間近く遅れてから入場。それでも、まだ3バンド目やってたんで、酒飲みながら物販見てたらJon Bunchがファンと交流してました(笑)Jonは見上げるほどデカかった。
とりあえず、暇なので4バンド目のDRUM:KANとやらを見てみる事に。

DRUM:KAN
ノイジーなギターリフとは裏腹に非常にメロディアスなロックを展開するバンドで、楽曲自体にはかなり魅力を感じた。しかし、会場の音響のせいなのか彼らの力量不足なのか、強力なインパクトを感じるまでには至らなかったかな‥。イマイチ安定性に欠けるドラムと通りの悪いヴォーカルが足を引っぱってる感じで、そこが良くなればもっと良いバンドになると思うんだけど。CDではちょっと聴いてみたい気もするんですけどね。

FURTHER SEEMS FOREVER
昨年発表された超強力アルバム「Hide Nothing」からの楽曲を中心に構成されたライブでホント良い曲の連続でした!というか「Hide Nothing」から全曲やったような気がするんですが(笑)「Light Up Ahead」や「Hide Nothing」といったお約束(?)チューンはやっぱり盛り上がりますね。Jonの歌唱もパワフルでいて味があって素晴らしかったし、バンドの演奏も力強くメリハリが利いていて非常に良かったです。ただ、DRUM:KANの時にも感じたんだけど、この音の広がりの無さは会場のせいなのかなぁ‥。良いパフォーマンスを繰り広げていたようにも思うけどちょっと物足りなさも感じたのはそのせいだろうか?
でも、最後の最後に聴けた「For All We Know」が非常に感動的だったのでとりあえず良かった。

ライブ終了後、夜も更けた渋谷のラブホ街を抜け、そそくさと家路に急ぐのであった。  
Posted by tkyk5 at 01:03Comments(2)TrackBack(0)