2007年08月24日

SLネタ 通信アンテナ開発

20070824_02ロケットや花火の打ち上げの遠隔操作と長距離情報伝達用に通信アンテナ&発信機を開発。意外にこの手のものを作ってる人がいなかったんで自分で作っちゃいました。

長距離用アンテナと言っても100mごとに中継しないといけないんですが‥それでも、離れた場所に情報を送れるんで、これはこれからいろいろ重宝するでしょう。
仕組みは、単に自分で発したメッセージを発信機で通信用チャンネルに変換して発信。その発信をアンテナが受信して更にそこから発信‥を繰り返すだけ。
ただしかし、この方法だとアンテナから発信した情報が巡りめぐってまた元のアンテナで受信して更に発信‥スピーカーで言うところのハウリング状態になっちゃうんで、5回中継した情報は発信されないような仕組みになってます。(つまり500mまでしか届かない。今んところそれ以上必要ないので)

今はこの技術を応用して、自動車レースに使う、車の通過チェックやら車とピット間での情報のやりとりなんかできるシステムを開発中。
SLでの遊び方がどんどんマニアックになってくるな笑

以下はそのスクリプト。
メッセージ発信機のスクリプト
-------------------------------------------------------------------
string cmd;

default
{
state_entry()
{
llListen(0,"","","");
}

listen(integer channel, string name, key id, string message)
{
cmd = llInsertString(message, 0, "1");

llShout(51,cmd);
}
}
-------------------------------------------------------------------
通信アンテナのスクリプト
-------------------------------------------------------------------
string num;
integer cnt;

default
{
state_entry()
{
llListen(51,"","","");
}

listen(integer channel, string name, key id, string message)
{
num = llGetSubString(message, 0, 0);

if ( (integer)num > 0 )
{
if ( (integer)num < 5 )
{
cnt = (integer)num;
cnt++;
message = llDeleteSubString(message, 0, 0);
message = llInsertString(message, 0, (string)cnt);

llShout(51,message); }
}
}
}
-------------------------------------------------------------------

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tkyk5/51237843
この記事へのコメント
マニア杉だろw
Posted by はる at 2007年08月25日 03:53
SLはまだ分らないのですが、長距離弾頭みたいなものにアンテナを付けて送信とか、または船とかにハウリング状態の送信を乗せて送るとか出来るんですかね???
Posted by てろめあ at 2007年08月27日 23:23
実はもっとマニアックな遊びしてるひといるんですよ笑

通常は100mまでしか電波飛ばせないんですが、何か方法無いか調べてまつ。
SLの外のweb上に情報を一回出して、他のオブジェクトに渡す事はできるみたいっすよ。

>または船とかにハウリング状態の送信を乗せて送るとか出来るんですかね???

これは電波妨害って事?笑
お互いの送受信チャンネルが同じモノになってれば出きるよ。
Posted by どむ大佐 at 2007年08月29日 16:39